イシバシランブログ

「株式投資」と「エクセル関数」と「物事の考え方」をテーマに書いています。

自分に自信を持つ方法

f:id:ishibashiran:20210320232658j:plain

Photo by Alexandra ♥A life without animals is not worth living♥ from Pixabay


周りの人はキラキラ輝いて見えるのに対して、自分は何をしてもダメだと落ち込んだことはありますか?

この原因が、周りの人は何をしても優秀だから物事が上手く進み、自分は平凡以下だから上手く進まないと思っているならば、間違いです。

では何が原因かというと、自分が夢中になれることを見つけておらず、それに時間を注げてないからです。

もし、夢中になれることを見つけて、落ち込んでいる場合は、自分に対して厳しすぎるためだと思います。

今回は、自分に自信を持つ方法について解説します。

 

1.時間を掛けたいことを見つける

自分に自信を持つための根幹となります。

自信が持てない理由には、自分が成長していないと感じることや、誰かの役に立てていないという、自己肯定感の低さがあると思います。

夢中になれるものが分からない間は、三日坊主で良いので色々経験してみましょう。

もし、夢中になれるものを見つけたら、自然とそれに掛ける時間が多くなります。

世の中には、その道のプロと呼ばれる存在がいます。

プロになるためには、才能や運も関わると思いますが、間違いなく必要なのは、普通の人よりその道に時間を掛けることです。

プロで活躍するためには、費やす時間が多いだけでは不十分ですが、特技だと言えるレベルになるには、多くの時間を掛ければ、十分到達できるのではないでしょうか。

特技は、自分の魅力になります。

 

2.自分に足りないものを言葉と数値で明確にする

現状に不満がある場合は、何が原因だと考えているのか書き出しましょう。

書き出したら、それが自分にどのような損失を生み出しているのか、言葉と数字で明確にしましょう。

人は分からないから不安になり、ネガティブ思考に陥ることがあります。

ネガティブ思考を防ぐために、漠然とした不安を無くすようにしましょう。

もし、不満の原因が自分に明確な損失を生み出しているならば、解決方法を調べましょう。

ゴールが明確になると、自分の感情をコントロールしやすくなります。

 

3.自分に優しくする

目標を高く設定したら、到達できないと分かった時に、ネガティブ思考に陥ってしまいます。

ネガティブ思考に陥らないようにすることが、自分に自信を持てるようになる必要条件です。

目の前の壁は、自分が成長するために正しい道を歩めている証拠です。

壁を乗り越えられたら、自分が成長したという証明として喜びましょう。

壁を乗り越えられない場合は、何もできない状態からそこまで辿り着いた自分を褒めましょう。

 

4.他人と比較をしない

すでに自分は満たされているのに、余計な感情が出てしまうかもしれません。

上を見て必要のない欲が出てしまったり、下を見て自分を甘やかして怠惰になる可能性があります。

「人は人、自分は自分」と心に留めておきましょう。

 

最後に

自分を認めてあげることが出来れば、自分に自信が持てるようになります。

どうすれば、ネガティブ思考が無くなるかを明確にしましょう。

ネガティブ思考を防ぎ続けば、自分に自信を持つことが出来るようになるでしょう。

月10万円の配当所得を得るための必要なこと

今回は、月10万円の配当所得を得るための必要なことについて解説します。

配当所得とは、株式の配当金や投資信託の分配金の事を指しており、保有数が多いほど所得が高くなります。

配当所得を月10万円を得るためには、年間で120万円を得られる資金力が必要です。

一部のお金持ちを除き、最初から年間で120万円を得られる資金力は持っていません。

目標とする配当所得を得るためには、「必要資金」・「資金を稼ぐ方法」・「必要資金を得るために掛かる時間」を明確にしておくことが大切です。

 

配当金を年間で120万円得るための必要資金

f:id:ishibashiran:20210213152701j:plain

上図の通り、配当利回りが高い株式を購入するほど、必要資金は少なくなる傾向にあります。

ただ、必要資金を少なくしたいからと、配当利回りが高い株式だけを購入することは、おすすめしません。

なぜなら、1年限定の記念配当があり利回りが高くなっていること、会社の支払能力以上に配当金を出していること、といった場合が多く、短期間で配当利回りの減少または0になる可能性が高いからです。

業績が安定しており、財務状況にも余裕がある会社の株式を購入するようにしましょう。

税引後の配当利回りが5%だと必要資金は24,000,000円になりますが、優良株式の税引き後の配当利回りが5%以上で購入できることは、滅多にありません。

税引後の配当利回りが3%についても低い数値ではありませんが、購入できる機会は少なくありませんので、税引後の平均利回りが3%を一つの目標とします。

ちなみに、税引後の配当利回りが3%の株式を購入する前提だと、40,000,000円が必要となります。

 

資金を稼ぐ方法

必要資金の40,000,000円を短期間で稼ぐことは、大部分の人にとって難しいです。

会社勤めで給与所得のみで40,000,000円を稼ごうとすると、年間の手取りが4,000,000円だと10年必要となります。

手取りの4,000,000円のうち、1,000,000円を株式の購入に使い続けても、40年必要となります。(保有株式の配当利回りの上昇を加味しない前提)

必要資金を早く稼ぐためには、給与所得以外に収入源を増やすことが必要です。

起業する以外に個人で出来ることは下図になります。

f:id:ishibashiran:20210213123057j:plain

過去にブログで各々についての解説をしていますので、詳細の説明は省略しますが、安定してお金を稼ぎやすいという面から、①と②を継続して行うことがおすすめです。

努力がどのタイミングで実るかは分かりませんが、実った時は給与所得に負けない収入源となる可能性が高く、必要資金の確保が早まります。

また、①については不労所得となる可能性も秘めています。

③については、時価が少ない小型株を大量に購入後に、会社が順調に成長し株価が右肩上がりで上昇し続ければ、株式数に応じて多くの利益を得られるため、1回のインパクトは大きいです。

ただ、どのタイミングで株価が上昇するかが分からないこと、逆に株価が下落し続けるリスクもあることから、継続して利益を確保することが難しいです。

 

必要資金を得るために掛かる時間

f:id:ishibashiran:20210213153728j:plain

上図の通り、 年数が長いと給与所得のみで目標達成が可能で、年数が短いほど給与所得以外の収入源が必要となります。

収入は上図の通りだが、生活費を上図より減らした場合は、自分自身の給与所得のみでも35年目ぐらいには達成可能となります。

ただ、給与所得のみで達成となると、どうしても時間が掛かるという点は、留意する必要があります。

たとえ、1年目から給与所得の全額を株式の購入に充てることが出来たとしても、収入が上図の通りに進むならば、目標達成は12年目になります。

早く目標金額に到達したいならば、収入源を増やすことは必須です。

 

最後に

 必要資金を稼ぐために共通していることは、自分の努力次第で、稼げる金額を増やせることに時間と労力を費やすことが、必要資金を早く稼ぐための近道となります。

収入源が複数あると、お金の心配が少なくなり、ゆとりが持てるようになります。

お金の心配がなくなることで、「やらなければいけない」が頭の中から減っていき、「やりたいこと」が頭の中で増えていき、行動に移せるようになりますので、収入源を増やすことは人生を変える手段としておすすめです。

ドライな人の思考

f:id:ishibashiran:20210307172542p:plain

Photo by Clker-Free-Vector-Images from Pixabay


物事を割り切った考え方をする人、感情に流されない人は、ドライな人と呼ばれます。

ドライな人は、気難しいとか、感情がないとか、イメージを持つ人がいるかもしれませんが、それは違います。

私は周りから考え方がドライだと言われることが多いですが、判断基準の中に「感情面ではどう思うか」があり、感情がないことはありません。

人間関係においての判断では、人として好きかどうかは、必ずチェックする項目となっているため、ドライな人は感情を表に出していないだけです。

 

ドライな人の判断基準

人間関係を構築する上で、相手に興味を持つかどうかは、下図の流れだと考えています。

f:id:ishibashiran:20210307161338j:plain

1.人として好きかどうか

まず最初に、人として好きかどうかの判定があります。

人として好きの理由は、物事の考え方や見た目など、色々な要素がありますが、相手に興味を持つ最初の条件は、ドライではない人と同じではないでしょうか。

好きではない人と長い間、交流を続けることはストレスになるため、ドライである程、ストレスになる相手は避けると思います。

 

2.恩があるかどうか

次に、相手に対して恩があるかどうかの判定があります。

誰かに助けてもらう状態というのは、突発的なアクシデント以外では、自分が苦手なことを手伝ってもらうことが多いと考えています。

そのような相手に対しては、自分が出来ないことを出来る人として、尊敬の対象になります。

ドライな人が余計だと思う程、必要以上に関わろうとしなければ、相手に興味を持つ可能性があります。

 

3.利益はあるか

2つの判断基準があると思います。

1つ目は、人としては好きではないが、その人が何かの能力が突出しており、一緒にいると自分が成長できる場合が該当します。

2つ目は、自分が相手に教える側の場合、今は相手から得られるものは少ないが、将来的に大きく成長し、いずれ自分に利益がもたらされると判断した場合です。

どちらも相手に光る何かを感じた場合に、相手と関わろうとします。

 

最後に

人間関係において、ドライな人は相手に対して、「執着」がほとんどありませんので、進む方向が違うと判断したら、すぐに交流を終わらせることが多いと思っています。

また、稀にですが、ドライな人がしつこく誘ってくる相手に対して、『私にどのようなメリットがあるのか?』と返答することがあります。

そのような返答をする理由は、単純に上図の判定の全てで「NO」になったからなので、しつこく誘うのはやめましょう。

ドライな人とそうではない人の差は、「感情を表に出すかどうか」と「執着の有無」です。

それ以外は、ドライではない人とあまり変わらないと思いますので、ドライな人と心地良い距離を取るための参考にしてください。

値上がり銘柄ランキング(2021年2月時点)

f:id:ishibashiran:20210228010411j:plain

Photo by Frauke Riether from Pixabay


2021年2月の日本株の値上がり銘柄を紹介する記事となります。

f:id:ishibashiran:20210227152907j:plain


指標と概要

日経平均株価:28,966.01円(前月比 1,302.62円上昇)

米ドル/円:1$=106.58円(前月比 1.9円上昇)

月間株価上昇銘柄数:2,165

(東証一部:1,266、東証二部:312、東証マザーズ:186、東証JASDAQ:401)

 

値上がり銘柄ランキング

市場ごとのTOP5の銘柄を紹介し、いくつかの銘柄の「事業内容・(損益とキャッシュフローの状況」を解説します。

 

1.東証一部

f:id:ishibashiran:20210227152251j:plain

 

1位:ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(株)

 自動車用点火コイルや電子機器用変成器の製造と販売を行う子会社の、取りまとめを行う会社です。

売上高・営業利益・当期純利益キャッシュフローは下図の通りです。

f:id:ishibashiran:20210227213755j:plain

 ※出展:IRBANK『ダイヤモンドエレクトリックホールディングス(株)

売上高は20年度から21年度にかけて微減していますが、営業利益と当期純利益は増加傾向にあります。

21年度の営業利益率は1.9%の見込みで、20年度の1.0%と比較して、黒字化に転じています。

 

3位:(株)スノーピーク

 アウトドア用品の製造と販売を行う会社です。

売上高・営業利益・当期純利益キャッシュフローは下図の通りです。

f:id:ishibashiran:20210227220616j:plain

f:id:ishibashiran:20210227220633j:plain

 ※出展:IRBANK『(株)スノーピーク

売上高が綺麗な右肩上がりとなっております。

営業利益と当期純利益についても、基本的には右肩上がりの業績となっています。

営業利益率は21年度が10.0%見込みで、20年度の8.9%と比較して、黒字化に転じています。

キャッシュフローについては、20年度には、本業で稼いだお金と投資に費やすお金が同じぐらいの金額になってきており、業績が20年度より好調な状況が続くと、営業キャッシュフローがさらに増えると思われます。
 

2.東証二部

f:id:ishibashiran:20210227152411j:plain

 

 4位:セーラー万年筆(株)

万年筆などの筆記用具の製造と販売、自動取出機の製造と販売を行っている会社です。

売上高・営業利益・当期純利益キャッシュフローは下図の通りです。

f:id:ishibashiran:20210227224556j:plain

f:id:ishibashiran:20210227224624j:plain

出展:IRBANK『セーラー万年筆(株)

売上高は2013年から横ばい状態が続いていますが、営業利益は2021年に黒字予想となっております。

キャッシュフローについては、2020年に社債の発行による収入がありましたが、本業の収入と設備投資の活動状況は、横ばい状態が続いている状況です。

 

3.東証マザーズ

f:id:ishibashiran:20210227152600j:plain

 

5位:(株)ベストワンドットコム

クルーズ予約サイト「ベストワンクルーズ」を運営している会社です。

売上高・営業利益・当期純利益キャッシュフローは下図の通りです。

f:id:ishibashiran:20210228000013j:plain

f:id:ishibashiran:20210228000024j:plain

出展:IRBANK『(株)べストワンドットコム 

売上高と営業利益の双方とも、2019年までは右肩上がりの業績ですが、新型肺炎が流行が始まった2020年は、移動制限もあり業績が悪化となっています。

キャッシュフローも、2020年は営業活動でのお金が減少しています。

 

4.東証JASDAQ

f:id:ishibashiran:20210227152654j:plain

 

5位:クルーズ(株)

衣料品EC「SHOPLIST」を運営している会社です。

売上高・営業利益・当期純利益キャッシュフローは下図の通りです。

f:id:ishibashiran:20210228002520j:plain

f:id:ishibashiran:20210228002535j:plain

出展:IRBANK『クルーズ(株)

売上高は基本的には右肩上がりとなっていますが、営業利益は右肩上がりとはなっていないです。

キャッシュフローは2019年度と比較すると、2020年度の営業活動での収入は改善されていますが、黒字にはなっていない状況です。

 

総括

各市場の値上がりTOP5を確認しましたが、特定のセクターの銘柄に偏った値上がりはありませんでした。

アウトドア用品を扱う会社や、クルーズ予約を扱う会社の銘柄が大きく値上がりしていたことは、新型肺炎を患うリスクが近い将来下がることを想定したのだと、推測しています。

今後、値上がりする銘柄の中には、新型肺炎の終息の道筋が見えることが条件となる銘柄も発生するでしょう。

これからの動きを注視していきましょう。

以上で、解説を終わります。

 

 

学生時代の勉強は将来の役に立つのか

今回は、学生時代の勉強は将来の役に立つのかについて解説します。

多くの人が、学生時代または社会人になってから、学校の勉強は社会に出てから役に立っているのかと1度は考えたことがあると思います。

社会に出て働いている身としては、役に立つものも立たないものもあると感じています。

下図は、中学まで必須科目となっていた5科目です。

f:id:ishibashiran:20210207153945j:plain

 この5科目は高校受験に必要なため、学校が一番多くの時間を取っていた科目です。

各科目について、社会に出た後で、役に立っているか否か、感じていることを解説していきます。

 

1.国語

読み書きの能力は、生活する上で必要不可欠な能力です。

誰かとコミュニケーションを取る時、ネット等で情報収集する時に役に立っていると感じています。

場面に応じた言葉選び、読みやすい文章の作成が出来れば、あなたの魅力として周囲に評価されることもあります。

古文や漢文は、国語教師や塾講師以外は、仕事で携わることは、基本的には無いので、学ぶかどうかを学生自身に選択させても良いと思います。

 

2.社会

世の中には、人々が平和に暮らすために、多くの仕組みが存在しています。

この仕組みを理解するために、知識を付けるべき分野が、歴史・地理・政治・経済の4つだと考えています。

歴史は、過去の人の成功と失敗を学ぶことが出来るので、自分が選択を行う時の参考に出来ます。

地理は東西南北のどこに何があるのか理解することが出来ます。

政治は国がどのように運営されているのか理解することが出来ます。

経済はお金と物価の関係を理解することが出来ます。

歴史と地理については、時代が変わる出来事をメインに学び、その他は学ぶかどうかを学生自身に選択させても良いと思います。

政治と経済については、日常生活に密接に関わってくるため、内容を深堀りし多くの時間を割くべきだと思っています。

 

3.数学

収支管理や人付き合い、料理やスポーツ等、人間の活動は数字と密接に関わりがあるので、計算能力を鍛えることは、生きるために必要不可欠なことだと言えます。

資産運用をする人にとっては、複利の計算や比率の算出は日常なので、数字に強くなりたい人は、計算能力の向上に取り組んで損はありません。

図形の証明や三角関数は、社会人になった後、多くの人が使う機会がないと思いますので、学ぶかどうかを学生自身に選択させても良いと思います。

 

4.理科

火や電気などのエネルギーが発生する仕組みや生物の体の仕組みを理解することが出来ます。

理科は、物理・化学・地学・生物といった分野に分かれており、大部分の人が日常生活では、知識を使う機会はありません。

一部の人は、いずれかの分野の専門職として、携わることになりますので、高度な知識が必要となります。

将来、必要な人とそうでない人がはっきり分かれますので、全員が学ぶ範囲を減らして、追加で学ぶかどうかを学生自身に選択させても良いと思います。

 

5.英語

世界の多くの国で使われている言語なので、海外に住んだり現地の人とコミュニケーションを取ることが出来ます。

もし、英語が出来れば、ブログや動画の視聴者を日本だけではなく、英語圏内にも広げられますので、日本語のみの人と比べて視聴者を確保しやすくなります。

語学は翻訳の仕事があるように、取得言語数が多いほど周りとの能力の差別化が出来るようになり、それで生計を立てることも可能となります。

将来、必要な人とそうでない人がはっきり分かれますが、自分の選択肢を広げるという意味では、非常に大きいですので、なるべく学んだほうが良いと思っています。

発音の違いを耳で判別しやすい、なるべく若いうちに学ぶと習得が早いと思います。

 

最後に

『将来の役に立つ』の定義を、日常生活または仕事で使う機会が多いこととすると、読み書き・仕組みの理解・計算が、当てはまると思っています。

それ以外は、人によっては使わない内容もありますので、全員が勉強するのは概要だけにして、深く勉強するかは学生自身に判断させても良いと思っています。

その理由は、勉強をやらされていると思っている学生は多いと思いますので、本人に選択させることで、自分の将来について真剣に考えるきっかけになるからです。

勉強が将来の役に立つか否かは、自分が何をしたいか明確に分かっており、その方向に向かい努力したかに掛かっていると思います。

勉強する本人は興味を持てることを見つける、サポートする人は興味を持つきっかけを作ってあげられるようにして、同じ方向を向くことが大切だと思います。

短期間で大金を得る難しさ(FX)

今回は、前回から3回にわたり解説する、短期間で大金を得る難しさの3回目です。

まず、前回の続きで、個人でお金を稼ぐ方法としては、下図の通りだと考えています。

f:id:ishibashiran:20210130223749j:plain

具体例を挙げた5つのうち、今回は「FX」の特徴を紹介していきます。

 

FX

f:id:ishibashiran:20210130225010j:plain

Photo by Csaba Nagy from Pixabay

お金を稼げるようになるには、時間はあまり必要ありませんが、損失を出すリスクも大きいです。

FXはせどりや株式と同じで、安く買い高く売ることが、利益を出す手段となります。

通貨の価値の上下を見極めることが出来れば、利益を出せるようになりますが、継続して利益を出すことは非常に難しいです。

なぜなら、為替変動は、国の経済状況や施策だけではなく、地政学リスクや市場心理等といった、いくつもの要素が複雑に絡み合って発生するからです。

為替変動の全ての要素を理解することは限りなく不可能だと思っています。

また、自然災害が突然発生し、その国の経済が混乱する可能性も0ではありません。

日本の株式投資の場合は、1株当たりの単価に値幅制限があり、価値の急激な変動を抑制してくれますが、FXには値幅制限がありません。

災害等で経済が混乱し、急激に通貨の価値が変わった時は、想像をはるかに超える損失を被る可能性もあります。

短期間で大きな利益を得られる可能性がある一方、同じだけの損失を被る可能性があるのがFXです。

よって、FXで取引の大部分で利益を出すことは難しく、10回の取引のうち6勝4敗ぐらいのペースを継続することを目標に設定するべきです。

1回の取引で10,000円の損益が出る前提ならば、利益:+60,000から損失:-40,000円を差し引いた20,000円の利益が出すことを目指した方が良いと思っています。

以上の事から、FXのリスクはとても大きく、安定した稼ぎ続けることは難しいと言えます。

FXに必要なことは、株式投資と同じだと思いますが、より慎重に動けて、感情的に取引をしないことが大切だと思っています。

 

結論

個人でお金を稼ぐ5つの方法を3回にわたり紹介しましたが、短期間で大金を得ることは難しいという答えになりました。

リスクが少ない「ブログ」では大金を得るまでに時間が掛かり、短期間で大金を得る可能性がある「FX」では大きな損失を被る可能性が非常に高いです。

また、個人がお金を稼ぐ5つの方法を通して、稼げるようになる人は、情報収集と改善を怠らずに、途中で投げ出さずに続けられる特徴を持っていると思っています。

いきなり大きな目標を立てずに、目標を細分化し、ペースが遅くても進み続けることが、多くの人にとって、遠回りに見えて最短距離の大金を得る方法になるかもしれません。

短期間で大金を得る難しさ(せどり・株式投資)

今回は、前回から3回にわたり解説する、短期間で大金を得る難しさの2回目です。

まず、前回の続きで、個人でお金を稼ぐ方法としては、下図の通りだと考えています。

f:id:ishibashiran:20210130223509j:plain

具体例を挙げた5つのうち、今回は「せどり」と「株式投資」の特徴を紹介していきます。

 

せどり

f:id:ishibashiran:20210130224440j:plain

Photo by Gerd Altmann from Pixabay

お金を稼げるようになるには、ある程度の時間が掛かります。

利益を出せるようにするためには、仕入先の確保・保管場所の確保・資金を増やすことが必要となります。

安く仕入れることが利益を出すために必要な条件の一つになりますので、仕入先の確保は重要な項目になります。

在庫の保管場所と運転資金の確保も、売買の回転数を増やすことに大きな役割を果たします。

必要資金は、取り扱う商品が増えるほど多くなります。

安定性については、多くの人が必要としている物を安く仕入れられれば、利益は安定して出すことは出来ますが、不要なものを仕入れると、利益を乗せて売ることが出来ないので、需要と供給を読めているかで変わると思っています。

せどりに必要なことは、情報収集を怠らずにコツコツと続けることです。

行うことは、仕入れて売るというシンプルな作業だけですので、1円でも安く仕入れて1円でも高く売るために出来ることを考えて、行動に移せる人が向いていると思っています。

 

株式投資

f:id:ishibashiran:20201231163528j:plain

Photo by Lorenzo Cafaro from Pixabay

お金を稼げるようになるには、ある程度の時間が掛かります。

株式投資でお金を得る方法は、株式を保有し続けることで得られる配当金の収入と、株式の売買の2つがあります。

配当金の収入は、会社が配当金を継続して支払えるならば、所有する株式数に応じて金額が決まります。

決まったタイミングで収入が入るメリットはありますが、1株当たり50円の配当金を出していた会社が、来年から1株当たり500円の配当金を出しますということは、普通はありませんので、短期間で大金を得る方法には向いていません。

一方で、株式売買については、短期間で得られるかは定かではありませんが、大金を得る可能性はあります。

例えば、1株が1,000円の株式を100株購入し、1年後に購入した株が1株10,000円に値上がりした場合、この時点で100株を売却すると、(10,000円-1,000円)×100株=900,000円の売却益を得ることが出来ます。

もし、1株が1,000円の時に1,000株を購入していれば、9,000,000円の売却益を得られていました。

しかし、株式投資には購入時より単価が低くなる場合もよくあります。

1株を1,000円で100株購入したが、1株が500円まで値下がりし、損切で売る必要が出た場合は、(500円-1,000円)×100株=△50,000円の売却損が出てしまいます。

株式投資に必要な資金は、手数料を除くと、基本的には株式の購入資金だけになります。

安定性については、配当収入は継続的にお金が入ってきますが、株式の売買は市場の動向に左右されますので、どちらに重点を置いているかで変わってきます。

株式投資の成功に必要なことは、情報収集や分析力が必要なのはもちろんですが、感情を入れることなく売買することが1番大切です。

『まだ株価が上がる』・『もう少ししたら株価が底をついて上がり始める』と根拠のない思いを持つと痛い思いをしますので、取引の前にあらかじめ自分の中で売買ルールを決めておき、それに応じて動くことが必要だと思っています。

 

結論

せどり」と「株式投資」の両方とも、大金を短期間で得るには、資金力の有無が大きく左右するが、お金持ちを除いて、最初から資金がある人は少ないため、短期間で稼ぐことは難しいという結論に至りました。

次回は、「FX」について解説します