イシバシランブログ

「株式投資」と「エクセル関数」と「物事の考え方」をテーマに書いています。

【エクセル】IF関数の使い方

エクセルで、特定の条件に該当する時の処理方法を指示するのが『IF関数』です。

下図を用いて、IF関数の使い方を解説します。

f:id:ishibashiran:20210405213429j:plain

 

まず、IF関数の構文は、次のようになっております。

=IF(条件式,条件に該当する場合の処理,条件に該当しない場合の処理)

エクセル関数を使う時は、2つの使い方があります。

1つ目は、黄色の○で囲っている「fxをクリック→すべて表示を選択→該当関数を選択→OK」と入力後に、入力内容を指示した枠が表示されるので、そこに入力することです。

2つ目は、緑色の枠に構文を直接入力となります。

f:id:ishibashiran:20210405075240j:plain

 

次に、「条件1:売上が1,000円以上ならば○、そうでないならば×」の時の構文です。

G3セルに入力する時の関数は下記になります。

=IF(B3>=1000,"","×")

条件式:売上が1000円以上

条件に該当する場合の処理:○と表示

条件に該当しないの場合の処理:×と表示

A社・B社・C社の全てで売上が1,000円以上なので、条件1では3社とも"○"と表示されます。

※条件に該当する場合の処理に"文字"を入力する場合は、文字の前後に「""」を付けないとエラーになるので、忘れないようにしましょう。"数字"を入力する場合は、文字の前後に「""」は不要です。

 

次に、「条件2:売上が1,000円以上で利益率が30%以上ならば○、そうでないならば×」の時の構文です。

H3セルに入力する時の関数は下記になります。

=IF(B3>=1000,IF(E3>=0.3,"","×"),"×")

条件式①:売上が1000円以上

条件式②:利益率が30%以上

条件①と②の両方に該当する場合の処理:○と表示

条件①と②の両方に該当する以外の場合の処理:×と表示

最初のIF関数が1つ目の条件、次のIF関数が、1つ目の条件で該当する場合に進む2つ目の条件になります。

緑で塗っている"○"は2つの条件に該当した場合、表示されます。

"○"の後に記載されている太字ではない"×"は、1つ目の条件は該当するが、2つ目の条件に該当しない場合、表示されます。

太字の"×"は、1つ目の条件に該当しない場合、表示されます。

A社は売上が1,000円以上ですが、利益率は20%なので該当しない。

B社は売上が1,000円以上ですが、利益率は8%なので該当しない。

C社は売上が1,000円以上で、利益率は33%なので該当する。

よって、条件2ではA社とB社は×、C社は○と表示されます。